豊橋技術科学大学 機械工学系ロゴ 機械工学系

Select Language
English

トップページ
系長からのメッセージ
機械工学系とは
JABEE
入試情報
就職関連
同窓会
コース紹介
機械工学系は,以下4つのコースから構成されています。
機械・システムデザインコース
材料・生産加工コース
システム制御・ロボットコース
環境・エネルギーコース
学生活動
News&Topics
-
広報誌
-


機械工学系へようこそ


系長 伊﨑 昌伸
系長 伊﨑 昌伸

 機械工学は,自動車・重工業,材料・素材・化学,電子・電気・電力,ロボット・メカトロニクス・輸送機器などの多くの産業分野において不可欠な学問分野です。食品や化学などの産業分野は,機械工学の学問分野と関係がない,と思うことはないでしょうか? しかし,食品や化学系企業でも製品を作っている設備や機械は,機械工学の知識がないと開発も設計も作製もできません。ですから,機械工学課程・専攻を卒業・修了した先輩方は,これらの多くの種類の産業分野の企業などに就職して,活躍しています。機械工学は,機械力学・熱力学・流体力学・材料力学の4力学を基本としています。しかし,自動車,飛行機,機械,船,ロボットを製造しようとすると,これらの4力学に加えて,それ以外の科学・技術と知識が必要になります。いろいろな製造物は,ポリマー,セラミックス,金属などの種々の材料から作られています。また,製造物はいろいろな金属材料を成形したり,機械的に継ぎ合わせたりして作られます。ロボットや産業機器などを動作させるためには,アクチュエータやそのシステムを制御する技術が必要です。さらに,効率良く工場を稼働させ,製品を製造するためには,工程のスケジューリングも必要です。

 これらの機械工学に関わる技術と科学をカバーするために,本学機械工学系は,平成22年の学内再編において,力学,エネルギー,生産加工,システム技術を基盤に,構造・機能材料,ナノテクノロジー,ロボット,生体医療福祉,環境,技術マネージメント等,ものづくりへと繋ぐ機械工学分野の教育・研究活動の遂行を目的に,「機械・システムデザイン」,「材料・生産加工」,「システム制御・ロボット」,「環境・エネルギー」からなる4つの研究分野および教育コースを設置しました。「機械・システムデザイン」コースには,機能材料・構造システム,機械ダイナミクス,マイクロ・ナノ機械システム,極限成形システムの4つの研究室を配置し,それぞれ,機能構造材料科学の確立,動的システム・振動設計,MEMSデバイス設計,塑性援用成形加工などに関する研究活動を展開しています。「材料・生産加工」コースには,薄膜材料,材料機能制御,高強度マテリアル開発・評価,界面・表面創製の4つの研究室を配置し,それぞれ,高品位光電変換素子の設計・創成,ナノ組織鉄鋼材料の創成,非鉄金属材料の高強度化・特性評価,高品位接合・表面被覆技術の確立などに関する研究活動を展開しています。「システム制御・ロボット」コースには,システム工学,計測システム,システム制御,ロボティクス・メカトロニクスの4つの研究室を配置し,それぞれ,計算・システム科学,知的状態計測・評価,システム制御・設計,ロボット・メカトロニクス設計などに関する研究活動を展開しており,人間・ロボット共生リサーチセンターをコアとする機動的な活動を展開しています。「環境・エネルギー」コースには,自然エネルギー変換科学,省エネルギー工学,環境熱流体工学,環境エネルギー変換工学の4つの研究室を配置し,それぞれ,乱流現象の解明・制御,省エネルギー・省資源技術開発,高効率伝熱・流体機器開発,高効率燃焼技術開発などに関する研究活動を展開しており,流体,伝熱,混相流,燃焼などの分野における学術・技術の核心を4研究室が連携してカバーしています。

 機械工学課程で開設している授業科目は,この資料にも記載してありますし,カリキュラムはJABEE(Japan Accreditation Board for Engineering Education)の認定を受けています。また,機械工学専攻では,実践的技術者及びグローバル人材の育成を目指した「大学院MOT人材育成コース」ならびに「豊橋技術科学大学―シュトゥットガルト大学とのダブルディグリー・プログラム」を実施しています。

 本学の機械工学課程・専攻での学びによって,学生のみなさんが,基礎的・専門的知識と技術を習得し,それを研究・開発・設計・生産技術へと活用できる能力へと発展させ,創造的で指導的能力を備えた技術者・研究者として社会の持続的発展に貢献することを期待しています。

機械工学系 系長 伊﨑 昌伸

Copyright(c) 国立大学法人 豊橋技術科学大学 機械工学系 All rights reserved.